MENU

改良され浸透力が8倍のビタミンC誘導体

まず、ビタミンCは、メラニンを薄くするメラニン色素還元作用がありますし、メラニンを作るチロシナーゼ酵素の働きを抑制する効果があります。

 

ですので、メラニン色素が原因で起こる色素沈着タイプのニキビ跡の改善効果や予防効果が期待できます。

 

 

さらに、真皮層で表皮を支えるコラーゲンの生成をサポートする働きがあり、肌のハリを復活させることでクレータータイプのニキビ跡の改善にも効果を発揮します。

 

 

ただし、ビタミンCは熱や水に弱いため、酸化しやすいという性質がある上に、分子量が大きいため肌に浸透しにくいという問題点がありました。

 

 

この問題を改善したのがビタミンC誘導体です。

 

 

ビタミンC誘導体はアスコルビン酸とリン酸を結合させたもので、ビタミンCが持つ効果を保持しながら、肌に浸透しやすく改良された成分です。

 

 

その浸透力はビタミンCの8倍とも言われています。

 

 

また浸透力が高いだけではなく皮膚内に長くとどまる性質があるので、酵素でビタミンCに変性して肌細胞にダイレクトに働きかけます

 

 

ビタミンC誘導体が持つ浸透力は、肌の深層部の細胞の働きを活発にしてターンオーバーを促進します。

 

 

さらにコラーゲンの生成量を増やしたり、メラニン色素を還元したりする効果が得られるので、ニキビ跡の改善に効果があると言われるのです。

 

 

化粧水はまっさらな肌に一番最初につけるものですから、これにビタミンC誘導体が配合されていると油分などに妨害されずにすむので、ビタミンC誘導体が配合された化粧水でケアするのがベストです。