MENU

ニキビ跡が出来る原因は主に3つ。

 

ニキビ痕が出来てしまう原因って何なんですか?


 

ニキビ跡が出来る原因はいくつかありますが、主となるのは3つです。

 

 

基本的ですがそれぞれ一度見直してみましょう!


 

ニキビ跡の原因その1:ニキビの放置

 

まず、もっとも多いのがニキビを放置してしまうことです。

 

確かにニキビは自然に治ったりするので、初期段階の白ニキビや黒ニキビであれば下手にいじらない方が良いこともあります。

 

しかし、長期間治らないのに放置すると、やがてニキビ菌が繁殖して炎症が起こり赤ニキビや黄ニキビに進行していきます。

 

 

 

この段階になったら自然に治ることはほとんどないため、すぐに炎症を抑えて改善するためのケアを行わなくてはいけません。

 


もし、炎症が起きても放置していると、その炎症は周りに広がったり、皮膚の深部まで広がっていき皮膚組織を破壊してニキビ跡を引き起こします。

 

 

 

軽度の炎症ならば患部を冷やしたり、抗炎症効果のあるコスメでも対応できます。

 

炎症が強い場合は、抗菌と抗炎症作用のある治療薬を併用し、短期集中治療を心掛けましょう。

 

 

 

ニキビ跡の原因その2:間違ったスキンケア

 

次に多い原因は間違ったスキンケアです。

 

 

 

間違ったスキンケアとは、ニキビの放置と相反して、治したいがために洗顔をしすぎたりスクラブピーリングを行ったりして、炎症を悪化させてしまうことです。

 


 

ニキビを治すには、洗顔で清潔にすること大事ですし、毛穴を塞ぐ古い角質や詰まっている皮脂を取り除く必要もあります。

 

ただ、これが過剰になってしまうとニキビが悪化します。

 

 

洗顔をしすぎると肌が乾燥して皮脂の分泌が過剰になり、ニキビ菌がより繁殖しやすい環境になります。

 

スクラブなど皮膚に刺激の強いピーリングをすると、炎症で弱っている肌はさらにダメージを受けて炎症がひどくなります。

 

 

 

洗顔は1日に2度まで(皮脂やテカリが気になる場合は、水やぬるま湯で注ぐだけ)、洗顔後の保湿は十分に。

 


 

中には、ダイレクトにニキビを潰してしまう方もいるようですが、こういったケアは結果的にニキビの炎症を促進してニキビ跡の原因となるのです。

 

無理に力を加えたことでの肌へのダメージ、傷口からの雑菌の侵入など、ニキビ跡を作る要素を増やすだけです。

 

 

ニキビ跡の原因その3:不規則な生活習慣

 

3つ目は不規則な生活習慣です。

 

 

 

油分や糖分の多い食事は皮脂の過剰分泌を促します。

 

睡眠不足は肌の再生を滞らせますし、運動不足は代謝を低下させます。

 


 

このように生活習慣が乱れるとターンオーバーが乱れて毛穴が詰まりやすくなり、さらにニキビ菌が繁殖します。

 

そのため炎症がいつまでも治らず、深部にまで広がってニキビ跡が出来てしまいます。

 

この3つが主な原因となるので、ニキビ跡を作らないためには原因となるものはすべて取り除きましょう。