MENU

タイプ別にみるファンデーションはどれを選べば良い?

 

ニキビ跡をファンデで隠したいんですが、症状を悪化させない、(良くなる)お勧めはありますか・・・・?


 

ニキビ跡は皮膚の色味が変性したり、内部の肌組織がダメージを受けている状態なので、治るまでにかなりの時間がかかるのはしょうがないことです。

 

でもニキビ跡はとても目立ちますので、早く治したいし、隠したいものですよね。

 


 

ニキビ跡を治すのには時間がかかりますが、ファンデーションで目立たなくすることはできるんです。

 

使いやすいから、見た目がおしゃれだからという理由でファンデーションを選んでしまってはいませんか?

 

ファンデーションでニキビ跡を隠すためには、選ぶ際に症状に合ったものを使うのがポイントです。

 

ファンデーションの種類と特徴を押さえる

 

ファンデーションを大きく分けると3種類、細かく分けると9種類になります。

 

パウダーファンデーション
ごく一般的な、固形タイプのファンデです。
固形を保っていますが、粉を押し固めてあるだけなので油分が少なく、さらっとしたマットな仕上がりになります。

 

 

リキッドファンデーション
文字通り液状のものからチューブ入りの重めのテクスチャのものまで幅広くあります。
水分と油分が多いため、肌馴染みが良く、ツヤ感のある仕上がりになります。

 

 

クリームファンデーション
チューブ入り、瓶入り、コンパクト入りと様々な形状で売られています。
カバー力はとても高いのですが、油分の配合量は最も多くなります。

 

 

 

カバー力だけを見れば、クリームファンデが一番ニキビ跡隠しに適していそうに感じますよね。

 

でも、油分が多いということは、それだけお肌への負担も大きいということです。

 

ニキビ跡もタイプによっては、そこまで重たいファンデを使わなくても良いんです。

 

ニキビ跡の改善のためにはターンオーバーを邪魔しないことが大事なので、極力お肌に負担をかけないものを選びましょう。

 

 

ニキビ跡タイプ別のお勧めファンデは?

 

赤みの残ってしまったニキビ跡

 

色には補色と呼ばれるものがあります。

 

対極に位置するカラーの事で、反対色と呼び変える事も出来ます。
正反対の色を重ねると、元の色が目立たなくなるんですよ。

 

 

赤の補色は
赤みの気になる部位にだけグリーン系のコントロールカラーを乗せましょう。

 

コントロールカラーをポイント付けすることで、全体としては肌に負担の少ないパウダーファンデでも良くなります。


 

ズバリ、赤み系ニキビ跡におすすめのファンデは、

 

ミネラルパウダーファンデ(24hコスメ)
天然保湿成分入りミネラルファンデ
肌を休ませることで赤みからの回復を早めます。

 

モイスチュアヴェールLX(カバーマーク)
高麗人参やヨクイニンなど、植物由来の保湿美肌成分配合
パウダーファンデなのに密着度やカバー力はやや高めです。

 

 

シミのようになってしまったニキビ跡タイプには?

 

シミに悩んでいるかたは乾燥肌にも悩んでいることが多いですよね。
それは肌の乾燥はターンオーバーを遅らせ、シミやニキビの治りも遅くなるからです。

 

カバー力の高さでクリームファンデを選びたくなりますが、肌への負担や油焼けによる新たなシミが心配です。

 

でもパウダーだと隠れないし、粉浮きをする。
そんな時には、水分量の多いリキッドと色味でカバー。

 

シミを隠したいからと白いファンデを使うのは、シミが浮き出てしまうので逆効果です。

 

 

やや暗いオレンジ系統がシミ隠しのポイント

 

本来の肌よりワントーン暗めのリキッドを使い、仕上げに明るめのパウダーを乗せるとシミが目立たなくなります。

 

濃いシミには部分的にコンシーラー等を使い、顔全体への負担は極力抑えるようにしましょう。

 


 

ズバリ、シミ系ニキビ跡におすすめファンデは、

 

薬用クリアエステヴェール(マキアレイベル)
プラセンタ、甘草、スクワランなど、美白や美容成分を配合した美容液ファンデ。

 

ブライトアップファンデーション(カバーマーク)
スティックタイプの保湿成分入りのポイントファンデ。
コンシーラーよりもナチュラルに仕上げたい時に。

 

 

 

クレーター凸凹タイプには?

 

皮膚に凹凸ができてしまっているので、凹みを埋めてなめらかに整える必要があります。

 

肌の窪みを埋めるというのは、ファンデを厚塗りするという意味ではありません。
十分に保湿を行った肌に化粧下地を押し込むように塗ることです。

 

下地が整ってさえいれば、ファンデのカバー力はそれほど高くなくても良いんです。

 

 

エッジの立った深い窪みには、仕上げパウダーを光が拡散するものか、明るいカラーを選ぶと目立ちにくくなりますよ。


 

ズバリ、凸凹ニキビ跡におすすめファンデは

 

リペアパウダーファンデーション(リソウ)
天然由来成分100%の低刺激ファンデ
微粒子ミネラルが密着、補正。
化粧崩れしにくいリキッドタイプもあります。

 

アメイジングベース(ジェーン・アイルデール)
コンシーラー、ファンデ、UVカット機能までついた多機能ミネラルファンデ
ミネラルが光を乱反射させ、肌の凸凹を目立たなくします。

 

 

ファンデの厚塗りは却ってニキビ跡を目立たせてしまったり、ニキビの再発やトラブル肌を招く恐れがあります。

 

化粧下地とコントロールカラーを使えば、カバー力はあまり意識しなくても大丈夫です。

 

 

どうしても隠せない濃いニキビ跡には、カバー力の高いクリームファンデを点付けし、顔全体に使うファンデは肌への優しさ重視で選ぶようにしましょう。

 

ニキビ跡にお勧めの化粧水はこちらから⇒⇒