MENU

肌の漂白剤とも呼ばれるハイドロキノンが今、注目の成分!

なかなか自力では治せないニキビ跡ですが、ずっとメイクで隠す対策にも限界がきてしまいます。

 

しかし最近では、そんな頑固なニキビ跡に効果があるとされるハイドロキノンという成分が注目されています。

 

 

この成分は、シミやニキビ跡の色素沈着をケアするための美白成分であり、別名肌の漂白剤とも呼ばれています。

 

 

働きとしては、メラニン色素の発生を抑制し、分解効果があるとされており、美白対策としても重要な成分なのです。

 

 

顔のシミなどの対策にも強い効果が期待できると注目され、現在では美容皮膚科などで処方されるクリームなどにも入っています。

 

 

強い美白作用が期待できるハイドロキノンですが、ニキビ跡の色素沈着にも効果があるのでは?と期待が高まっています。

 

 

実際に赤みがある色素沈着のニキビ跡には効果が少ないのですが、黒っぽくなったニキビ跡にはピッタリなのです。

 

 

もしも、ニキビ跡の赤みに使用する化粧品を探しているのであれば、ハイドロキノンのような美白成分が強いものではなく、炎症を抑える成分が入った化粧品の方が合っているのです。

 

 

 

この、ハイドロキノンが実際にニキビ跡に効果があると言われるメカニズムには、メラニンを合成する酵素やチロシナーゼを衰弱させるという効果にあります。

 

 

チロシナーゼに効くので、その働きを弱める効果があり、メラニン色素の合成を抑えることができるという仕組みです。

 

 

また、メラニン色素を淡色化する作用もあるため、既に出来てしまっているメラニン色素を薄くする効果もあるとされています。

 

 

実際にハイドロキノンは化粧品などから補うだけでなく、私たちが普段食べる

 

  • イチゴ、
  • 麦芽、
  • お茶

 

などの日常の食材からでも摂取することが可能です。

 

 

またニキビ跡を治すために化粧水を選ぶ際は、目的別で選ぶようにしましょう。

 

 

とにかくニキビの跡を一刻も早く消したいという方は、ハイドロキノンが配合された化粧品や美容液を選ぶと良いと思います。