MENU

ピーリングのメリットや治療費、また行う目安の回数から注意点まで

ニキビ跡の改善にケミカルピーリングを考えている人も多いと思いますが、このピーリングを行うことで皮膚の古い角質を除去することができます。

 

その後、肌表皮が生まれ変わるので、ニキビ跡の赤みや色素沈着などが目立たなくなると言われています。

 

 

ピーリング後には患部に多少刺激が出てしまいますが、ニキビ跡の周りの真皮にあるコラーゲンの生成を促されるので、浅い状態のクレーターニキビ跡にも効果が出やすいのです。

 

そして、この施術の最大のメリットは日常生活も影響なく安心してニキビ跡の治療を続けられる点です。

 

 

通常のニキビ跡治療のように、かさぶたが治癒するのを待っているダウンタイムもないため、肌への負担や時間の負担も少なく治療を受けられます。

 

 

ニキビ跡の他にも色々な患部(顔以外にもお尻や背中)でピーリングを行うことで、美肌に近づけるため女性なら見逃せない治療だと思います。

 

 

体験談では、ピーリングによって古い角質層を剥がし、肌のターンオーバーを正常化させた事で、これまで悩んでいた肌トラブルが解消されたという口コミもありました。

 

 

個人差はありますが、約2週間に1回、合計10回ピーリング治療を行なった場合で、ニキビ肌が改善したという結果も出ています。

 

 

この、ピーリング自体は数回行う必要があり、目安として大体5回~10回程度必要としています。

 

 

また、費用につきましては、施術を行う範囲やクリニックにより異なりますが、たとえば顔であれば、1回につき5000円~8000円程度です。

 

また、美容になるため残念ながら保険が適応される治療法ではなく、費用はすべて自己負担になってきます。

 

 

 

最後に注意点として、施術後には副作用も出てしまう人がいるため、アフターケアが大切になってきます。

 

最も大切なのが日焼け対策となります。

 

ピーリング後の肌を日にさらしてしまうと、炎症やシミの原因になってしまい逆効果となってしまいます。

 

 

クリニックで施術を行う場合には、適切な指示をもらえますが、化粧水やせっけんを使用しご自身で行う場合はご注意ください。

 

 

施術後の数日間はしっかりと外出時に日焼け止め対策をして、日傘などを使用することをおすすめします。