MENU

赤みニキビを防ぐには紫外線と摩擦を与えない事

 

赤みのあるニキビ跡が出来てしまったんですが、治す方法はありますか?


 

 

 

赤みのあるニキビ跡というのは、炎症によって受けたダメージを回復するために、毛細血管がニキビの周りに集中することで起こります。

 

 

基本的に、肌が健康な状態に戻れば赤みは消えます


 

 

しかし、ニキビの炎症の度合いによっては治るのに時間がかかることがあります。

 

 

これは炎症後色素沈着と呼ばれる症状です。

 

 

炎症後色素沈着が起きているのに、「いつか治るだろう」と放置しておくとどんどん茶色く変色してしまいます。

 

 

 

シミとは異なり、ある程度の時間が経過すると自然に消えますが、半年以上経っても改善が見られない場合は皮膚科での診断をお勧めします。


 

 

また、赤みの段階は毛細血管が原因ですが、茶色くなってしまうとメラニン色素が沈着した状態なので簡単には治ってくれません

 

 

ですので、炎症後色素沈着を起こす前に対策を行いましょう。

 

 

この、赤みのあるニキビ跡の色素沈着を防ぐ方法はシンプルで、

 

  • 紫外線の対策を行うこと(UVケア)
  • 洗顔やメイクなどで摩擦を与えないこと

 

がポイントです。

 

 

紫外線はニキビ跡がなくてもシミの原因となるぐらい、肌には有害な光線です。

 

紫外線は肌細胞を破壊したり変性させたりして、本来の働きを失わせるので、肌の防御機能が働いてメラニン色素が生成されます。

 

 

このメラニンが炎症後色素沈着の原因になり、肌に長期間堆積される事でシミの元になります。


 

また、摩擦などの刺激を受けることでも防御機能は働くので、同様にメラニン色素が大量に生成されます。

 

 

メラニン色素はターンオーバーによって排出されますが、ニキビによってダメージを受けた肌だとメラニンがうまく排出されません

 

 

ですので、赤みの色素沈着を防ぐには、紫外線対策と摩擦を与えないことが一番重要なのですね。

 

 

さらにターンオーバーが活性化すると、メラニン色素の排出が促進されるので沈着が防げます。

 

炎症を抑える成分が含まれた保湿ケアを併せて行うとより効果的なので相性の良い化粧水も参考にして下さい。

 

赤みのあるニキビ跡と相性の良い化粧水

 

 

赤みの目立つ肌に、リプロスキン

 

 

抗炎症目的の漢方薬にも使用される甘草根に含まれている、グリチルリチン酸ジカリウムが炎症を鎮め、プラセンタが美白や傷の修復を助けます。

 

リプロスキンの口コミはこちら

 

公式サイトはこちら

 

 

まだ炎症中のニキビがあるなら、クリアケア

 

 

紫根エキスの抗炎症作用と抗菌作用が炎症元のニキビを叩き、肉芽形成促進作用が患部の回復を早めます。

 

オルビスの口コミはこちら

 

公式サイトはこちら

 

 

目立たないけど気になるのなら、ビーグレン

 

 

高濃度ピュアビタミンCで肌のしなやかさと透明感を高め、くすみや色ムラを目立たなくさせます。

 

ビーグレンの口コミはこちら

 

公式サイトはこちら